ドイツ サマースクール体験記

こんにちは!

現在、探究ゼミの大学1年生の Yと申します!

この夏にドイツで3週間のサマープログラムに参加してきたので、記録も兼ねて記事にさせていただきます!ドイツに行く人の参考になれば幸いです。

プロフィール

私立大学1年生

年齢:20歳

喋れるドイツ語:ダンケシェーンのみ

日本からドイツにつくまで

航空券は行きはチャイナエアライン台湾経由で、帰りはキャセイパシフィック香港経由でフランクフルト空港まで行きました。

一つアドバイスとして、航空券予約にエクスペディアは絶対にやめたほうがいいです!!一緒に行った友達が氏名逆で登録されていて、航空発効時に非常に面倒なことになっていました。

また、帰りの香港空港はかなり大きくてトランジットの間時間が潰せたのですが、行きの台湾の空港は本当に何もないので何もすることが出来なかったのが苦痛で仕方がなかったです。

実際にドイツについて

成田からフランクフルトについたのが夕方だったのでその日はフランクフルトの東横インで一泊しました。東横インはとてもおススメです!日本語がしゃべれるスタッフが滞在していて、初ヨーロッパの僕には安心でした。

フランクフルトの印象としては治安が非常に悪いです。特に駅前では普通に大麻の売買が行われ、常にサイレンの音が聞こえました。

↑フランクフルトの駅の写真

次の日はフランクフルトからケルンに寄り道しつつ、ドイツ国鉄(DB)を使いつつ目的地アーヘンまで行きました。

DBについてですが、無茶苦茶高いです!でも買わないと車内を徘徊している駅員さんに罰金を払うことになります。

*DB:

↑アーヘンの牧場の写真

アーヘンは本当に平和な町でした。アーヘンは学生の街であり、治安がとても良いので、昼の一人歩きはもちろん、夜の一人歩きもなんと可能です。

また、ドイツの西側国境ギリギリに位置するので、オランダ、ベルギーまでバスですぐに行くことが出来ます。

↑アーヘンの街並み

他に行った場所

僕はサマースクールの一環として行ったため、平日は通常授業がありましたが、土日には観光に行くことが出来たため、そのうちのいくつかを紹介したいと思います。

ボン(ドイツ)

街は特に行くところはありませんでした。ハリボーショップがあるくらい。でも僕は特にハリボーに対して何の感情も抱いていないので興奮はしませんでした。ただ、ドイツ博物館は本当にすごかったです。館内ツアーに参加したのですが、館員さんの知見が深く、話が本当に面白くで非常に楽しかったです。入場料も無料なので訪れることを強くお勧めします。

↑ボンのお菓子屋

デュッセルドルフ(ドイツ)

サッカー観戦に行きました。二部リーグの試合だったのですが、二部とは思えないほどの大迫力とすさまじい熱気で、本当に楽しかったです。帰りの地下鉄ではドイツ人が大はしゃぎしていて面白かったです。

↑デュッセルドルフのサッカー場の写真

マーストリヒ(オランダ)

大きい本屋さんがありました。また、マーストリヒ大学周辺をうろついたのですが、非常に自然豊かでした。川の近くの芝生で学生がくつろいでいて、ビルに囲まれたキャンパスに通っている僕からすると心の底から羨ましかったです。

↑マーストリヒの庭園

モンシャウ(ドイツ)

アーヘンの生徒さんにおススメされたので行ってみました。アーヘンからバスで1時間ほどで、とても古い町です。僕は早朝に行ったので人が誰も居らず、非常に快適でした!また、何故かは分からないのですが、モンシャウの人たちはとても優しく、あたたかい町でした。

↑のどかなモンシャウ

最後に

他にも授業がない日はクラブに行ったり、ホームパーティーに行ったり、高いレストランで夕食を食べたりしました!
人生初めてのヨーロッパだったのですが、ドイツ人の方たちが想像していたよりずっと優しく、毎日楽しかったです!!
機会があればまた訪れてみたいと考えています!
ここまで読んでくださってありがとうございました!

↑アーヘンの街並み

【文:Y / 編集:舩越英資】

投稿者プロフィール

探究ゼミ編集部
探究ゼミ編集部
探究ゼミでは、これから社会に出る人、出て間もない人向けにキャリアに関する情報を発信しております。仕事を通して人や社会と関わることを応援するメディアです。

一緒に活動するメンバー、取材を受けていただける方も随時募集しております。お問合せページよりご連絡下さい。
この記事をシェア